■ トップページ
 



 


2005年10月29日午後7時那珂湊港出航

今回は、大洋丸さんから「イカ釣りいくべ」と声をかけていただき、仲間9人と行って参りました。
大洋丸さんは底曳き船で、この時期早朝はあんこうやヒラメなどを水揚げしていますが、とりあえず今回はイカ釣りに挑戦です。(大洋丸さんはいわゆる釣り船ではなく漁業船です)
 
これは船尾にある巻き網用のワイヤー。これで海底を曳いて一網打尽にします。

この竿でイカ釣りに挑戦

 
私が最初のイカをGET!
自分で撮影したら肝心のイカが・・
 
船の左舷から竿を入れる
(右舷はライトで明るくしている)
 
成果はまずまずで、約90分で16杯
くらい釣れました。主にムラサキイカ。
 
       

船を追うように鳥たちが追飛していました。すごいスピードです。前方から後方を撮影。 船長の根本さんが釣ったイカで肝合えを作ってくれました。
 
生きてるイカの肝を味噌で合えそこにイカの身を入れ混ぜます。手慣れた船上調理。 できあがりの「イカの肝合え」。
日本酒が恋しいかも・・。
 
       

漁場まで約1時間30分。行きはかなりの揺れがあり、半分のメンバーが酔ってしまいました。
私もなんとか持ちましたが、これ以上長かったら危なかったかも・・・。でも帰りは、それほどの揺れもなく、肝合えや焼きイカをつまみながら帰港。
大洋丸の根本さんの奥様は“女性漁業士”でもあり今後の漁業等についてもしっかりした考えをお持ちで、多方面でご活躍されています。
次回は「底曳きにいきましょう」と誘っていただきました。